<< [ダブル]キュウトルネライコウβ版 | top | [シングル] 初手ポケの決め手! [シングルが苦手という他ルール勢の方へ] >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

[シングル] 初手選出を固定するPT構築 [シングルが苦手という他ルール勢の方へ]

※この記事は、シングルをやる人よりは、他のルールをやる人にみて欲しい内容です
※長文でごめんなさい。時間ない人はしたの方にあるまとめだけでも読んでね。



他のルールやってるひとが、
「シングルは初手の選出負けた時点で勝負決まったりするからシングルは嫌だ」
的なことを言っていて、考えてみたんです。

ダブル・トリプル・ローテはどのルールも
「選出時点ではとなりでカバーすればいい」
「2(または3)体でできる限り対応範囲を広げればいい」
という考え方をすると思うのだけれど、確かにそれに比べてシングルは、

「初手有利対面取られました!ハイ終わり!」

・・・・っていうこともあります。
終わりとまで言わなくても、初手対面でアド取られたらあとに響くのは違いないです。
他ルールのひとがシングルを敬遠する理由としてよく聞きます。

シングルやる人からすれば、
「相手の面子見て、もっといえば構築段階で対面負けまで見据えて立ちまわるんですよ」
と言うんじゃないかとおもう。
というか私も言った()

考えてみればそれは、シングルやってるから言えることであって、他のルールメインの人からすれば、
「それがわからないって言ってるんだよぉ!」
って感じです。

それは、
トリプルやってないひとが、
「相手も自分も選択肢が多くてなにがなんだかわからない!」
ってなったり、
ローテやってないひとが、
「範囲と耐性の一致・・・・?」
ってなったりするのとおなじなわけですよ。
(ダブルのいい例が10秒考えても思いつきませんでした)


じゃあどうすればいいんでしょう?



他ルールやっててシングルに興味ある!
だとか、上記の理由で苦手意識あるなあ・・・
というひとに進めたいのが、

「初手選出を固定する!」

です(ぱんぱかぱーん

シングルやろうと思った時に、「エースポケ」考えてその補完からPTを組んでいませんか?
これ、すごくまとめるのが難しいと思います。
「初手選出パターン」が疎かになりやすいからです。
(ぶっちゃけ、私の構築力ではエースから考えてPTをまとめあげる自信がないです()

なので、エースポケ(使いたいポケ)を考えたら、その補完を考えていくのではなく、
次に「初手選出」を考えてみて、そこに肉付けして考えてみてはいかがでしょうか。


私はPTを考えるときにキュウコン@5 から考えますが(これは病気なのでしょうがない)
その後は大雑把にまとめると下のように考えています。

(1)「初手選出ポケ」の決定

(2)そのポケの不利対面をできる限りたくさん考えてみる

(3)不利対面に対して一つ一つ『回答』を考えてみる

(4)(3)の『回答』で出たポケを見つつ、3匹目、4匹目・・・・を考えていく
 (ここで初めて構築の「エース」を考える)

場合によって、更に(3)の不利な相手と回答・・・なんか考えてみたり
第2の初手選出ポケと不利な相手への回答なんかも考えたりしますが
とにかくまずは「初手選出」と「その苦手なやつ」を考えて補完していきます。


一例を挙げます
※3分クッキングなので細部は適当です。もっといえば私個人の考え方なので参考程度に。

例)マンムー@襷

BW2で夢解禁後、一躍数が増えたポケですね。
氷と地面という範囲は非常に優秀です。
初手マンムーのステルスロックからの展開は「定番」の一つと言えます。

初手選出マンムー固定から考えてみましょう

【考えられる不利対面と回答】
※ここで言う「回答」は、受け出しすることを指しています。

・対格闘
 クレセリア、ランクルス、サンダー、ボーマンダ等

・対水
 水ロトム、ナットレイ等
 (私の場合対水枠としてキュウコン+αとすることが多いです。

・対ハッサム
 キュウコン、ヒードラン、ボーマンダ等
 (厳密には地震打ったほうがいいんですけどね(小声)

・対ヒードラン@風船
 テラキオン

などなど・・・・・
まとめると
マンムー キュウコン クレセリア 水ロトム ボーマンダ テラキオン

なーんて並びが作れそうです。


上記はあくまで一例(しかもテキトーな)です。
他によく見る初手例として
・ラティオス@眼鏡
・ライコウ@壁
・ボルトロス@でんじは
・ランドロス@スカーフ
などあります。
(興味があれば、不利対面と回答について考えながらブログを回ってみるといいと思います。


初手を『固定』してPTを考えてしまえば、初手対面で負けてしまったとしても、
既に次どうするかは構築時にある程度決まってます。

そうして回していけば、自ずと、考えられていなかったパターンに出逢います。
そういうシーンを覚えておけば、さらにPTの改良、立回りの再検討をしていくことで、
よりよい構築となりますし、余裕が出てくれば、初手選出ポケ以外を初手に出す
選出パターンを考ることができるようになります。




〜まとめ〜
「まず初手選出ポケを考えよう」
「次に『初手選出ポケ』の苦手な相手を考えよう」
「苦手な相手を考えたらその『回答』を考えよう」

実戦にて
「出来る限り初手は固定しよう」
「相手の面子を見て『これが初手に来たら困るなあ』という相手への回答を裏に置こう」

あとは戦って経験を積もう。

というお話でした。
(PT構築のうまい人だとこんなことは無意識にやっているのかもしれませんね










おわり
(今度気が向いたら初手選出ポケの選び方について書きますね
ぷらねった@pokenetta | ぽけっともんすたー | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 22:27 | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS